社会福祉法人 庄川福祉会 ケアポート庄川

SDGs

理事長ブログ

TOP > 2022 1月

🏨非常用発電設備の設置について

最近BCPという言葉をよく耳にします。

BCPとは業務継続計画と訳され、一般的には大規模な地震や自然災害など緊急事態が起きた時に備えて事業が継続できるよう方策を策定しておくこととされています。またスタッフやご利用者さまの新型コロナウイルス感染により事業の継続が危ぶまれる場合も想定されます。

私たちケアポート でも事業運営に支障をきたすことが無いよう今まで機械・機器の整備、更新をはじめ、陰圧室の整備、新型コロナ感染時における職員対応マニュアルの策定など順次実施してきました。

 このたび国庫補助事業として不測の停電に備えるべく「非常用自家発電設備」設置しました。

停電が長時間発生すると室内温度が一定に保てなくなり体調不良や吸引・酸素供給もできなくなります。入所者さまには文字通り緊急事態に陥ることになりかねませんのでその対策を急いだところです。

これからも安心・安全な介護施設としてさまざまな対策を計画的に講じてまいります。

 

☘️日野原重明著 「生き方上手」

〜健康とは、からだだけではなく、心が穏やかであることです〜

コロナ感染急拡大が懸念されていますが、前向きになればと〝日野原重明先生の原点・いのちのメッセージ〟ともいえるその思いを今後何回かに分けてお伝えできればと思います。

この本が出版されたのは2001年、先生が90歳の時ですが、以下に紹介するのは100歳を超えて新訂版の際に新たに書き下ろしされたものです。

当時の先生は病院での回診や会議、取材、講演、会合で日本各地や世界を飛び回る忙しさでありながら、こんなことも述べられています。

「具体的に何をするかと言えば、つねに新しい人や本、ことば、絵、音楽などに出会うことです。新しく経験することをためらったり、もう齢だと億劫がったりせず、ただ素直に受け入れて行動する、思えば、私は若い時分からずっとそうしてきました。いつもいつも、新しいことへの興味は尽きませんでした。若いころと齢をとってからとでちがう点と言えば、その〝新しいこと〟が、誰かのためになるように意識してきたことでしょうか。(中略)

100歳を超えたいまでもその思いは変わりません。むしろできるだけ多くの人のために時間を使うようにここまで生かされてきたのだと思います」と。

コロナ禍でなかなか人には会うことができませんが、本当に「多くの人のために」という素晴らしい考え方だと思います。

 

 

☀️明けましておめでとうございます。

 昨年は新型コロナ対策に翻弄された一年でしたが「尊厳」の二文字を胸に、利用者さまに寄り添ったケアを心がけてまいりました。

ご利用者・ご家族・関係の皆さまには温かいご支援、ご協力を賜り、お陰様で穏やかな新年を迎えることができ心より感謝申し上げます。

 ここにきて感染力の強いオミクロン株が急激に感染拡大しつつ第6波が現実味を帯びてきました。

基本対策はもちろん、これまで以上に警戒し、安心してご利用いただけるよう万全を期してまいります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

Profile

日々感じたことを、書き綴っていきます。

Entry
Calender
2022年1月
« 12月 2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31